/

この記事は会員限定です

和歌山県有田市、定住・移住トータル支援 300万円超も

ウエーブ和歌山

(更新) [有料会員限定]

和歌山県中部、みかんの産地として有名な有田市。県内9市の中でも際だって人口減が進む状況に危機感を募らせた同市は、若年層の定住と市外からの移住促進へ生活をパッケージで支援する取り組みを始めた。子ども3人の場合、直接支援額は約200万円になり、高校生まで医療費は無料という破格の支援だ。その財源はふるさと納税が支えている。

「市全体でサポートしてもらえるので安心ですよ」。有田市内の自宅で3歳の長女、春華...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン