/

この記事は会員限定です

職場接種、近鉄など申請 乗務員や駅員から開始へ 

[有料会員限定]

職場や大学での新型コロナウイルスワクチンの接種について、政府への申請が8日始まった。関西では近鉄グループホールディングス(GHD)や関西電力などが相次ぎ申請した。医師の確保など課題も多く、企業は接種開始に向けた準備を急ぐ。

近鉄GHDは同グループの約1万7千人の従業員を対象に21日からの接種を予定する。事業継続に重要な乗務員や駅員など、鉄道事業会社の社員8千人から始める。奈良県内の福利厚生施設のほか大阪市内などの健康管理センターとい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り509文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン