/

この記事は会員限定です

「幸せの軸、モノから心に」 慶大教授・前野隆司氏

成長の未来図 識者に聞く

[有料会員限定]

心身の健康や幸福などを意味する「ウェルビーイング」が産業界で注目を集め、経営方針に掲げる企業が日本で増加している。なぜいまウェルビーイングの重要性が増しているのか。幸福学研究の第一人者である慶応義塾大学の前野隆司教授に背景などを聞いた。

――ウェルビーイングなど、幸福への関心が高まっています。

「ウェルビーイングは健康や幸せ、福祉などを含む広い概念だ。最近では満ち足りた状態と訳されることも多い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り952文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

成長の未来図

資本主義が3度目の危機にぶつかっている。成長の鈍化が格差を広げ、人々の不満の高まりが民主主義の土台まで揺さぶり始めた。戦前の大恐慌期、戦後の冷戦期と度重なる危機を乗り越えてきた資本主義は、また輝きを取り戻せるのか。成長の未来図を描き直す時期に来ている。

関連企業・業界

企業:

速報

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン