/

この記事は会員限定です

大阪・関西万博の寄付、中小は蚊帳の外?

[有料会員限定]

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の寄付金をめぐり、中小企業に困惑の声があがっている。大阪府内の商工会議所ごとに割り当てがあるが、1社あたりの拠出は100万円からで、支払える中小企業は限られる。社名公表や感謝状といった返礼も魅力に乏しいとの受け止めが大勢だ。

「小銭は要らないということか」。府内のある中小企業経営者はこう語る。加入する商議所に対し、大阪商工会議所から寄付の依頼があったが、1口1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン