/

この記事は会員限定です

クボタ、野菜でもスマート農業 システム開発へ

[有料会員限定]

クボタは8日、デジタル技術を活用してキャベツやジャガイモなど露地野菜の収穫量や品質の向上を図るシステムの開発に乗り出したと発表した。国立研究開発法人の農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)と共同で取り組む。野菜の生育情報などを収集する技術や、収穫時期を予測できるシステムを目指す。クボタが露地野菜でデジタル技術を活用した「スマート農業」の生産システムを手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン