/

この記事は会員限定です

関空の発着上限、25年めど30万回に 万博控え地元合意へ

[有料会員限定]

関西国際空港(大阪府泉佐野市)の地元自治体や財界、運営事業者などは8日までに、同空港の発着回数の上限を2025年をめどに3割増の年間約30万回とする方向で調整に入った。成田空港(30万回)並みの水準となる。同年開催の国際博覧会(大阪・関西万博)などでインバウンド(訪日外国人)需要が拡大するとみて、関西の玄関口の機能を増強する。

関空、大阪国際(伊丹)、神戸の3空港の役割を議論する官民組織「関西3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

2025年 万博

2025年に開催される大阪・関西万博のニュースや特集をまとめました。参加国やパビリオン、地元の盛り上がりなど、最新情報を読めます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません