/

この記事は会員限定です

パナソニック、欧州に省エネ暖房の新工場検討

[有料会員限定]

パナソニックは省エネルギー性能の高い「ヒートポンプ暖房」の生産拠点を欧州に新設する検討に入った。電力を使い空気中の熱を活用するヒートポンプ暖房は、環境意識の高まりやロシア産燃料への依存から脱却する動きから市場が急拡大している。パナソニックは現在、欧州ではチェコ工場で生産しているが、2025年度以降に新たな拠点を建設する。

建設地や規模は今後詰める。パナソニックは20年代後半にヒートポンプ暖房の生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません