/

島津製作所、X線検査装置を刷新 検査時間を短縮

島津製作所は8日、電子部品の品質管理などに使うX線検査装置を刷新して発売した。ソフトウエアの改良で検査時間を8割縮めたほか、撮影する画像を高画質化した。合わせて同装置の高額な消耗品を対象とする従量課金サービスも始めた。

発売した装置は対象物の外観撮影とX線照射を自動化し、それぞれを手動で行っていた従来機と比べて検査時間を23秒から5秒に短縮させた。撮影できる画質の異なる2機種を用意しており、高価格モデルでは解像度を3倍とした。

高額な消耗品となる「X線管球」については、従量課金のサービスを設けた。利用者は年額の基本料金に加え、X線の照射時間に応じて料金を支払う。島津の分析計測製品では、初の従量課金サービスとなる。

顧客がサービスを導入した場合、装置に取り付けたあらゆるモノがネットにつながる「IoT」センサーで故障を検知し、すぐに正常品と交換できるようにする。

装置は、画質の異なる2530万円と2398万円の2タイプを用意した。今後1年間で、120台の販売を目標とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン