/

兵庫・大阪連携会議 ビジネスコンテストの共同開催決定

兵庫県と大阪府は8日、2025年国際博覧会(大阪・関西万博)を見据え、観光・産業を中心とした連携策を協議する「兵庫・大阪連携会議」の第2回会合を神戸市で開いた。兵庫県の斎藤元彦知事と大阪府の吉村洋文知事らが参加。スタートアップの創出に向け、23年3月に若手起業家らを対象としたビジネスコンテストを共同開催することを決めた。

会議では、産業振興、観光振興、国際金融都市の3つの分野に関して、連携の方向性を確認した。観光振興については、両自治体でSNS(交流サイト)に広告を出していくことや、今後のインバウンド(訪日外国人)誘致に向けて兵庫・大阪の観光コース創出を目指すとした。

会議後の記者会見で吉村知事は「関西の経済を強くするには兵庫や大阪という枠をなくして協力することが重要」と指摘。斎藤知事は「さまざまな項目について方向性を共有した。取り組みを前に進めたい」とした。

関西セクショントップページはこちら

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

2025年 万博

2025年に開催される大阪・関西万博のニュースや特集をまとめました。参加国やパビリオン、地元の盛り上がりなど、最新情報を読めます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません