/

京進、オーストラリアの大学への留学準備校 京都に開設

学習塾などを運営する京進は8日、オーストラリアの大学への準備校を2023年2月に京都市内で開くと発表した。9カ月間のコースで留学初年度の基礎課程を国内で修了できる。豪州の渡航制限が2月に解除されたことを踏まえ、回復傾向にある留学生の取り込みを図る。

ニューサウスウェールズ大(UNSW)の関連機関と提携し、からすま京都ホテル(京都市)内で開校する。2月と10月開始の計2期で実施し、合わせて最大40人を受け入れる。入学費は5万5000円でプログラム受講料は297万円。英語や経済学、会計学などを学ぶ。

修了後はUNSWに進学でき、他の豪州の大学や英国、ニュージーランドへの留学申請も可能だ。今後は京都以外の開校も視野に入れる。現地の大学付属の教育機関と提携した進学準備校は日本で初めて。

進学準備校は豪州や英国、ニュージーランドの大学留学に必要な基礎課程を学ぶ「ファウンデーションコース」にあたる。初年度の課程を国内で終えられるため海外での生活費用などの削減につながり、2月開始の場合は高校の卒業とほぼ同じ時期に留学準備を始められる利点もある。

コース受講には高校の学業成績のほかTOEFL、IELTSなど資格検定試験で一定の点数の取得が必要。必要な英語力に達しない学生には京進の他の英語授業を提供するなど、サポートする予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン