/

滋賀、大規模接種7月開始 福祉や警察・消防ら6万人に

大規模ワクチン接種会場の開設を発表する滋賀県の三日月大造知事(8日、滋賀県庁)

滋賀県の三日月大造知事は8日、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場を7月10日ごろに開設すると発表した。介護や保育など福祉職員、警察・消防、教員ら64歳以下の6万人を対象とする。県内に南部と北部の2会場を設け、1日に計1000人に接種する。三日月知事は「まずは市町による高齢者接種を支援し、メドが立ってから大規模接種に移行する」と強調した。

県内のワクチン接種を2段階で進める。第1段階では高齢者32万人を対象にした県内19市町の接種を支援する。離職した潜在看護師に呼びかけて希望者を募り、市町にマッチングする「ワクチン接種サポートナースプロジェクト」ではすでに448人が登録した。現状では全市町が7月末までに完了すると回答しているという。

県による大規模接種は第2段階と位置づける。7月1日に予約を開始し、4カ月ほどの接種期間を見込む。打ち手は県立病院や滋賀医科大学(大津市)の医師のほか、サポートナースなどで確保する。米モデルナ製のワクチンを使う。

県は8日、企業や大学による「職域接種」を促進するために庁内に相談デスクを開設した。電話で制度の説明などに対応する。すでに数件の相談があるという。三日月知事は「職域接種として県庁内の診療所で県職員らの接種を検討する」ことも明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン