/

この記事は会員限定です

苦境続く阪神、湯浅ら若手台頭でブルペンに光明も

[有料会員限定]

よもやの開幕9連敗で始まった今季の阪神。どん底からは脱しつつあるようにみえるが、打線はなかなか上向いてこない。その一方、投手陣は本来の力量を見せ始めている。特に課題とされていたブルペンは若手が台頭し、顔ぶれも整ってきている。(記録は8日現在)

5月5日のこどもの日。ヤクルト戦の行われた甲子園球場は4万2千人を超える満員となった。声援に押されるかのように、最後は九回、2死満塁から山本泰寛が四球を選...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン