/

この記事は会員限定です

東和薬品、後発薬需要増でも伸びぬ利益率 778品目の壁

斎藤さやか

[有料会員限定]

東和薬品の売上高営業利益率が伸び悩んでいる。2022年3月期は前期比1.3ポイント低下し、11.6%の見通しだ。低下は3期連続。品質不正の発覚した日医工などからの振り替え需要で業績は拡大するが、効率改善に結びついていない。800品目近くもの後発薬をつくり分けるこれまでの事業モデルは、再考を求められている。

「不祥事を起こしたメーカーだけではなくそれ以外のメーカーに対しても不信感を持たれてしまい現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1662文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン