/

神戸市と渋谷区、新事業の創出で連携 社会課題の解決へ

神戸市と東京都渋谷区は共同で、新事業の創出を狙ったコンテストを実施する。両市区内の企業や大学、個人からアイデアを募る。起業熱の高い双方の自治体が連携し、社会課題を解決する新事業を生み出すことをめざす。

8月に初会合を催す。参加者を募りチームをつくる。ビジネスや商品などのアイデアを提案したい人を「チャレンジャー」、アイデアの実現に必要なデザインなどのスキルを持つ人を「チームメンバー」として募る。交流を促すため、チームは神戸市と渋谷区の参加者の混成にする。

起業支援を手がけるスタートアップ、アドリブワークス(神戸市)とも連携する。神戸市と渋谷区は実証事業の場を提供するほか、パートナーとなる企業も紹介して事業化を後押しする。

神戸市は米有力ベンチャーキャピタル(VC)の500スタートアップスと連携するなどスタートアップ支援に積極的。渋谷区は約2000社のスタートアップが集まり、日本有数の起業先進地とされている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン