/

この記事は会員限定です

万博までに観光で20事業 三菱UFJ銀、大阪の支援拠点で

[有料会員限定]

三菱UFJ銀行は、2月に大阪市で開いた事業創出の支援拠点「MUIC Kansai(ミューイックカンサイ)」を通じ、2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)までに観光関連で約20事業を生み出す方針を打ち出した。21年度中にリモート観光を実用化。新型コロナウイルスの感染拡大を乗り越えた先の新たな観光ビジネスを探る。

MUICでは大企業とスタートアップが交流し、観光を軸にした課題解決のプログラムを事業化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り509文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン