/

和歌山市の断水、9日にも解消 8日中に送水再開へ

(更新)

和歌山市で紀の川に架かる「水管橋」と呼ばれる送水管の一部が崩落し、約6万戸が断水している問題で、市は8日中に仮の管の設置を終え、送水を再開する予定だ。順調に進めば9日に断水が解消できると見込む。

市によると、水管橋は送水管と一体構造のアーチ橋で、川の南岸近くの浄水場から北岸に延びる全長546メートル。3日、川の中央付近の約60メートルが落ちた。断水地域は川の北側で約13万8千人の生活に影響している。仮の管は水管橋に並行する県道の橋に設置している。

市は8日午前、作業現場を報道陣に公開。担当者は「工事は9割方終わっている。一刻も早く、きれいな水を届けたい」と話した。

市の調査で、崩落せず残った場所で水管橋のつり材4本が腐食によって切れていることが分かっている。専門家から崩落部分でもつり材が切れた可能性が指摘されており、尾花正啓市長も「落橋の原因の一つ」との認識を示している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン