/

この記事は会員限定です

国際金融都市、「大阪独自」が壁 戦略案は具体策乏しく

[有料会員限定]

大阪府・市や経済団体などでつくる「国際金融都市OSAKA推進委員会」は9日、国際金融都市構想の実現に向けた戦略骨子案を公表した。高度な金融人材の育成といった大阪を金融先端都市にするために必要となる施策案を新たに盛り込んだ。だが構想実現の肝となる、国内外の企業や市場関係者を大阪に誘引する独自策は具体性に乏しい内容となった。

「(国際金融都市構想は)しんどいという感じはするが、とりあえずやってみる」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1534文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン