/

新幹線に個室の仕事空間 JR西日本・東海が試験導入

JR西日本JR東海は7日、東京―博多を運行する一部の東海道・山陽新幹線に打ち合わせやオンライン会議ができる個室「ビジネスブース」を設置すると発表した。5月9日から順次利用可能となり、料金は当面の期間、無料とする。テレワークなどの多様な働き方に対応する。

「のぞみ」や「ひかり」などに使われるN700S車両のうち、3編成に試験導入する。7、8号車を連結するデッキ部に設置し、7号車の乗客が利用できる。1グループ2人までで利用時間は1回あたり30分。座席の案内チラシに記載したQRコードから予約サイトにアクセスする。

東海道・山陽新幹線では2021年から「のぞみ」の7号車を「S Work 車両」に設定し、席に座ったまま電話やオンライン会議ができるようにしている。個室の導入で利便性をさらに高める。利用が多ければ他の車両や編成への拡大を検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン