/

この記事は会員限定です

緻密な木組み、曲面の美 村山木工の組子細工

現場探究

[有料会員限定]

サクラの花びらを表す精緻な幾何学模様が、高さ60センチ、直径26センチの円柱状の木製ランプシェードを形づくる。用いるのは、クギや金具を使わずに木片を組む「組子細工」の伝統の技。障子や欄間などの建具向けの技巧を発展させた独自の「曲面」が、立体的で洗練された印象を与える。

制作したのは京都市の工房「村山木工」。特徴となる曲面は、オフィス向けの照明で「丸みを帯びたシェードを組子細工でつくれないか」との...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン