/

この記事は会員限定です

紀伊半島の森を育むバイオマス発電 関西で新設相次ぐ

データで読む地域再生

[有料会員限定]

関西で林業の副産物を活用する「木質バイオマス発電」を導入する動きが活発だ。関西6府県の木質バイオマス発電容量はこの5年間で約3倍に拡大。各地で新たな木質バイオマス発電所プロジェクトも動く。燃料となる木材チップなどを長期で安定的に調達する仕組みを構築する課題はあるが、林業を中心とする地域産業の活性化に向けた期待は大きい。

データで読む地域再生

和歌山県新宮市では2カ所の木質バイオマス発電所の整備が進む。そのうちの一つ、木...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1454文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン