/

大阪府全域の聖火リレー中止 万博記念公園で代替実施

(更新)
大阪城公園に掲げられた五輪聖火リレーの看板(5日、大阪市中央区)

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は7日、大阪府で13~14日に実施予定だった公道での聖火リレーを中止すると発表した。代替措置として希望する聖火ランナーは、万博記念公園(同府吹田市)内をリレーする。一般客は入れない。3月25日に福島県をスタート後、公道での走行が中止されるのは初めて。

大阪府は7日、新型コロナウイルス患者の重症病床の逼迫による「医療非常事態宣言」を発出。不要不急の外出自粛を府民に求めたことを踏まえ、府内全域の聖火リレーの中止方針を組織委に伝えた。府は緊急事態宣言に準じた措置が取れる「まん延防止等重点措置」の適用地域となった大阪市内のリレー中止を組織委に要請していたが、府内全域に広げた。

組織委の武藤敏郎事務総長は7日の記者会見で「本来は公道を走って機運醸成を図るのが理想だが、状況を考えると感染リスクを抑制するために違ったやり方を取るのもやむを得ない。安心安全な聖火リレーを実施するのに必要だ」と述べた。

万博記念公園では2日間で約200人のランナーが走る予定。具体的なコースや最終地点で開く到着式「セレブレーション」の取り扱いなどは今後詰める。一般客を受け入れないため、スポンサーの車両は走行しない見込み。リレーの開催方式の変更については国際オリンピック委員会(IOC)にも了承を得たという。

万博記念公園(大阪府吹田市)

組織委の感染対策の指針では、リレーの開催地で緊急事態宣言や外出自粛要請が出れば、公道の走行を見合わせる可能性があるとしている。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン