/

セレンディクス、4600万円調達 設計技術者を増員

建設用3Dプリンターで球体住宅「スフィア」を製造するスタートアップ、セレンディクス(兵庫県西宮市)はみなと銀行(神戸市)やみなとキャピタル(同市)などから第三者割当増資を通じて4600万円を調達した。3Dプリンター住宅の設計業務を担う技術者の増員に充てる。

スフィアは一定の条件を満たせば建築確認申請が必要ない床面積10平方メートルのサイズ。24時間以内に建設が完了する簡便さと330万円(税込み)という手ごろな価格設定が話題を呼び、趣味用の小屋やグランピング設備として注目されている。

関西セクショントップページはこちら

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません