/

この記事は会員限定です

香港の物流施設大手、日本でデータセンター まず大阪で

[有料会員限定]

香港の物流施設大手ESRは日本でデータセンター開発事業に参入する。まず大阪市に建設する。千葉県で日本最大級の施設を開発中の大和ハウス工業も2拠点目を検討している。データ通信量の増加に加えて、情報保護の観点から香港など海外にあるサーバーを日本に移す需要が出始めている。

ESRは中国や日本などアジアを中心に物流施設を手掛けるが、データセンターは今回が初めて。大阪市で取得した既存のデータセンターの敷地に2棟開発し、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り696文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン