/

新型コロナの支援金、和歌山県が申請受付開始

和歌山県は7日、新型コロナウイルス感染症「第4波」で打撃を受けた中小企業への支援金申請の受け付けを始めたと発表した。対象業種は飲食業や宿泊業、サービス業、食品製造業などで、原則として4~6月いずれかの月間売上高が前年または前々年同月比で30%以上減少した中小企業者に、従業員数に応じ15万~60万円を給付する。ウェブ・郵送どちらでも申請可能で、8月31日まで受け付ける。

また同日、宿泊事業者向けの事業継続支援補助金の申請受付も開始した。休暇を楽しみながら仕事もする「ワーケーション」やバリアフリー化への対応を進めるための施設改修と新型コロナ対策に要した費用を、客室数に応じ75%以内で最大750万円まで補助する。申請書の受付期限は8月31日。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン