/

この記事は会員限定です

大阪府議会、定数削減が焦点 1票格差拡大に慎重な声も

[有料会員限定]

9月に開会する大阪府・市両議会で議員定数削減に向けた攻防が焦点となりそうだ。府議会では大阪維新の会府議団が、人口当たりの議員数が都道府県議会の中で最小となる削減案を他会派に提示している。維新が掲げる議会改革の一環だが、他会派からは「死票が増える」「1票の格差が拡大する」と慎重な声も上がる。

市議会は15日、府議会は29日に定例会を開会する。会期はともに12月まで。

維新府議団の案は、現在の議員定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン