/

この記事は会員限定です

次世代電池、パナソニックやCATLが競う リサイクルも

[有料会員限定]

レアメタルの使用量削減を目指し、電池メーカーや自動車メーカーが次世代電池の開発を急いでいる。パナソニックはコバルトを使わない高容量電池の実用化にメドをつけ、車載電池世界大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)は調達しやすいナトリウムを使う電池に力を入れる。

CATLはリチウムイオン電池に力

「ナトリウムイオン電池としては現時点で世界最高水準だ」。CATLの研究開発部門幹部は7月末に開いた発表会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3551文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン