/

滋賀大・竹村新学長「データサイエンスと専門教育融合」

滋賀大学の学長に就任した竹村彰通(あきみち)氏は7日に記者会見し、「専門の知見とデータサイエンスを融合して新たな価値創造を担う人材を育成する」と抱負を語った。経済学部や教育学部でもデータサイエンスを必修化。大学院経済学研究科に社会人を対象にした「ビジネス・データサイエンス専修プログラム」を開講し、教育学部では「教育データサイエンティスト」養成プログラムを拡充する。

竹村学長は大学発スタートアップ企業やデータ系企業をキャンパスのある滋賀県彦根市に集積させる「データサイエンスバレー」構想について、「まだ私の夢(の段階)だが、地元経済界との協力を強化して地方創生に貢献したい」と話した。竹村学長は1978年東大大学院修了。国内初の学部となる滋賀大データサイエンス学部の学部長を創設時から5年務め、企業や自治体との連携を拡大した手腕が評価された。4月1日に学長に就任し、任期は4年。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン