/

この記事は会員限定です

任天堂、Switch小幅改良で挑む「ライフサイクル10年」

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

任天堂の主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の3種類目となる新型が10月8日に発売される。注目されるのは有機ELの採用など小幅改良にとどまったことに加え、希望小売価格が現行機よりも2割弱高い3万7980円に設定された点だ。発売5年目に入ったゲーム機としては「異例の商品戦略」(エース経済研究所の安田秀樹氏)との見方がある。

新型機は現行のスイッチより画面が13%広い有機ELディスプレーを採用した。「ハイコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン