/

保育園でいじめと認定、性別違和感巡り第三者委 大津

小学2年の児童(8)が大津市立保育園に通っていた当時、性別に違和感を抱えていることが原因で他の園児からいじめ行為を受けたと訴えた問題で、市の第三者委員会は6日、服装をからかう行為などをいじめと認定し、保育士を対象にLGBTQ(性的少数者)や発達障害への理解を深める研修を充実させるよう市に答申した。

児童側は2021年2月、市に調査を要請。いじめ防止対策推進法では未就学児は対象にならないが、市は幼児の成長などへの影響を考慮して同年4月に第三者委へ諮問した。

第三者委は保育士や専門家に聞き取りし、仲間はずれなど計11件をいじめと認定した。保育士に知識が不足し、チームでの対応もできていなかったと指摘した。

児童は19年4月に保育園に入園。戸籍上は男だが、女の子の服装をしていたことなどが原因で他の園児からいじめ行為を受け、不登園状態になった。

児童母親の代理人、石田達也弁護士によると、未就学児のいじめ問題を第三者委が調査したケースは過去に例がない。

第三者委の春日井敏之委員長は答申後の記者会見で「保育園でもいじめは起きると認識するスタートになる」と述べ、児童の母親も取材に「いじめが認められたのは大きい。同じ思いをする子がいなくなってほしい」と話した。〔共同〕

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン