/

この記事は会員限定です

培養肉、食文化に革命 家畜に感謝する日来る?

[有料会員限定]

約1万年にわたって人類の胃袋を支えてきた家畜に感謝の言葉を述べる日が近づいているのかもしれない。イスラエルのスタートアップが牛の細胞を培養してつくった牛肉の販売を2022年に始める。日米企業も取り組む。家畜に頼る食文化は転換点を迎える。

イスラエルのフューチャー・ミート・テクノロジーズは6月、食肉を出荷する工場を立ち上げた。家畜は見当たらない。創設者でヘブライ大学教授のヤコブ・ナーミアス最高科学責...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1415文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン