/

盗難仏像、京都の寺に戻る 「ヤフオク!」出品

京都市上京区の立本寺から2021年6月に盗まれたとみられ、今月1日にインターネットオークションサイト「ヤフオク!」に出品されていた仏像が、出品者から寺に戻されたことが6日、寺関係者への取材で分かった。京都府警上京署が盗まれた経緯などを調べている。

署によると、出品者は大分県由布市の古物商。サイトを見た複数人から署に情報提供があった。出品は2日に取り消されていた。仏像は「月天子」と呼ばれ、300年以上前に作られたとみられる。高さ約50センチで時価不詳。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン