/

この記事は会員限定です

関西の祭り、再開へ前進 祇園祭「山鉾巡行」3年ぶりに

データで読む地域再生

[有料会員限定]

関西を代表する祭りの域内経済効果を比較したところ、トップは京都の祇園祭だった。今年、2年間中止していた祇園祭「山鉾(やまほこ)巡行」の開催が決まるなど、各地で「平時の祭り」を取り戻そうとする動きが相次いでいる。新型コロナウイルスの感染状況がやや落ち着く中で、地域経済を潤す祭りの復活に観光や飲食など関連業界の期待は高まっている。

日本三大祭りの一つとされる祇園祭では7月、山車を引き回す祭りの目玉、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1358文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン