/

この記事は会員限定です

一醸一樽の精神、熟成の途上 長浜蒸留所のウイスキー

酒紀行

[有料会員限定]

使われなくなった旧道のトンネルにウイスキー樽(たる)が並んでいた。長浜浪漫ビール(滋賀県長浜市)のウイスキー部門、長浜蒸留所の貯蔵庫だ。長さ300メートルのまっすぐなトンネルに入ると、暗闇の中に1000以上の樽が眠る。トンネル内は年間を通じて温度が一定で熟成がゆっくり進み、さわやかでフルーティーな仕上がりになるという。

ここや廃校で熟成されたウイスキー「AMAHAGAN(アマハガン)」の1品種が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン