/

この記事は会員限定です

京都の街、「アート」「ものづくり」で新風 コロナ後見据え

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍の収束を見据え、観光都市・京都に新風を吹き込む動きが相次いでいる。JR京都駅周辺では「ものづくり」や「アート」をテーマとするまちづくり計画が始動。古都・京都の街並みが残る花街では伝統的な建物の保存とホテルの開発を両輪とした新たな魅力づくりが進む。

ブルックリンのようなエリアになる――。若い世代を中心に独自の文化が生まれた米ニューヨーク市の行政区に見立てて、関係者が期待するのは梅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン