/

この記事は会員限定です

関西電力系、洋上風力をドローンで点検 2時間で完了

[有料会員限定]

関西電力の子会社ディーシフト(大阪市)は2022年度中に、洋上風力発電の点検にドローンを使うサービスを始める。人手では1基あたり1~2日かかるが、約2時間で終える。点検のために停止する時間を縮め、発電時間の増加につなげる。

風速15メートルまで対応できる大型ドローンにカメラを搭載する。陸から10~20キロメートルの沖合まで自動で飛び、停止した風車の羽根や支柱などの写真を1000枚程度、撮影する。帰着すると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン