/

涼しげな音色 おふさ観音で風鈴まつり

映えスポ

約2500個の風鈴がつるされた「おふさ観音」の風鈴まつり
参拝客でにぎわう「おふさ観音」の風鈴まつり
風に揺れる風鈴

夏風に揺れ、境内につるされた約2500個の風鈴が涼しげな音を奏でる。奈良県橿原市の「おふさ観音」で恒例の風鈴まつりが8月31日まで開かれている。風鈴の音色には、厄を払う効果があるとされ、夏場の疫病退散を願って2003年から始まった。ガラス製の江戸風鈴、青銅製の小田原風鈴、南部鉄器製の南部風鈴など日本各地の多彩な風鈴が、風が吹くたびに一斉に「カラカラ」と鳴り響き、まるで音の中に包まれているような気分になる。

風鈴の音色で疫病退散を願う
ガラスの江戸風鈴が夏風に揺れる

(岡本憲明)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン