/

この記事は会員限定です

日本電産の小部新社長「壊れた企業文化、きちんと直す」

集団経営で脱「永守氏依存」

(更新) [有料会員限定]

日本電産の小部博志・社長兼最高執行責任者(COO、73)は日本経済新聞の取材に応じ、「創業当時の企業文化がベースにあってここまで来たが、それが壊れてきている。もう一回きちんと直す」と述べた。一部で報じられた複数の役員の退職や異動による経営への影響は否定。「創業者の永守重信氏(78)に依存しない集団経営の体制をつくる」とも表明した。

9月に日産自動車出身の関潤前社長兼COOが業績不振を理由に辞任し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1624文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません