/

この記事は会員限定です

3Dプリンターでステーキ肉再現 大阪大の松崎典弥教授

キャンパス探訪

[有料会員限定]

「思っていたより肉っぽくて感動した」。大阪大学大学院の松崎典弥教授は、開発した培養肉をこう振り返る。松崎教授と民間企業などでつくる研究チームは8月、肉の構造をそっくりに再現したステーキ肉のようなウシの培養肉を作ることに成功したと発表した。

培養肉とは、動物の細胞を人の手で増やして作った肉のこと。世界の食糧難や環境問題の対策として注目されている。現在作られている培養肉のほとんどは筋肉の細胞から作ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン