/

ダーウィンの帳面見つかる 22年ぶりに英大で、経緯謎

【ロンドン=共同】英ケンブリッジ大図書館で2000年以降、所在が分からなくなっていた19世紀の英自然科学者、チャールズ・ダーウィンのノート2冊が約22年ぶりに館内で見つかった。BBC放送が5日、伝えた。何者かがこっそり返還したとみられるが、経緯は謎に包まれている。

ノートには有名な進化論を考察した初期のメモが含まれる。少なくとも数億円相当の価値があるとされ、窃盗の疑いで警察が捜査に乗り出していた。

図書館によると、贈答用の紙袋に入ったノートが2022年3月上旬、館内の床に置いてあるのが見つかった。ノートはラップで包まれるなどし、保存状態は良好という。同じ袋に入っていた茶封筒には、館員に宛てて「ハッピー・イースター X」と記されていた。

専門家がその後、記入されたメモや図に、ダーウィンの物であることを示す複数の種類のインクが使われていたことなどを踏まえ、本物だと判断した。

00年にノートを撮影するために保管庫から取り出した後、未返還となっていることが01年の点検で判明。「誤った場所に戻した」のが原因とみて当初は警察への通報を見送ったが、最終的に盗まれた可能性が高いと判断し、20年11月に紛失の事実を公表していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン