/

この記事は会員限定です

製品化「迷ったらやる」 島津製作所社長、コロナ機に

[有料会員限定]

島津製作所は開発した技術を製品化するスピードを速めようとしている。新型コロナウイルスの感染症対策では横断的な組織を立ち上げ、既存技術を応用してPCR試薬や検査機器など関連製品を相次ぎ投入した。今後の事業展開について上田輝久社長に聞いた。

――PCR検査試薬など新型コロナ感染拡大に伴う新製品の投入が相次ぎました。

「新型コロナウイルスの感染が拡大する中、2020年5月に社内横断的な感染症対策プロジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン