/

ハッカーが声明、パナソニックのカナダ子会社に攻撃

パナソニックホールディングス(HD)のカナダ子会社が身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」によるサイバー攻撃の対象になっている可能性があることが6日、分かった。「Conti(コンティ)」という攻撃者グループが運営するとみられるサイトに、犯行声明が掲載された。パナソニックHDは「事実確認をしている」(広報担当)という。身代金の要求などについては分かっていない。

コンティは企業などにサイバー攻撃をしかけて機密性の高いデータを盗み出し、身代金を要求する。米国土安全保障省傘下のサイバーセキュリティー専門機関(CISA)によると、コンティはこれまで世界で1000件以上のサイバー攻撃を実施してきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン