/

この記事は会員限定です

クボタ、ハウス栽培を省力化 AIやロボットで新興と協力

[有料会員限定]

クボタは農業スタートアップなど4社と組み、野菜のハウス栽培の主な工程を自動化するシステムを開発する。各社が持つ人工知能(AI)やロボットの技術を持ち寄り、水やりや収穫などにかかる人手を減らす。野菜栽培はコメなどに比べて省力化が遅れているとされ、農家の負担軽減とともに収穫量や品質の安定につなげる。

7月から群馬県に持つ自社農園で実証実験を始めた。数年かけてデータを集め、実用化を目指す。

連携するルートレッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン