/

この記事は会員限定です

ナッジで市民の行動変化 尼崎、ユニーク啓発の効き目

地域の風

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

大阪のベッドタウンとして再開発が進む兵庫県尼崎市は長年、幹線道路沿いのゴミの不法投棄に悩んでいた。ペットボトルや空き缶、弁当のプラスチック容器などを放置していくのは主にトラック運転手。何度もマナー向上を訴える看板を設置したものの効果はなかった。そこで2種類の異なる看板を作製して実験を試みた。

ひとつは「不法投棄で逮捕されます」、もう一つは「防犯カメラで特定中」。どちらも従来の看板に比べ刺激的なフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません