/

村田製作所、中国の再委託先が情報7万件不正取得

村田製作所は5日、会計システムの更新プロジェクトに携わっていた中国の再委託先の社員が、取引先情報など約7万件を不正に取得していたと発表した。日本IBMが再委託した中国法人の社員が、情報を外部クラウドサービスの個人アカウントに送信していた。第三者への情報流出などは確認されていないという。

不正取得されていたのは日本国内外の取引先情報約3万1千件と、村田製作所従業員の個人情報約4万2千件。氏名や電話番号、従業員の給与口座などを含む。再委託先の社員はこれらの情報にアクセスできる権限を持っており、業務用パソコンに無許可でダウンロードしたうえで、外部クラウドサービスにアップロードしていた。第三者が情報をコピーやダウンロードした形跡はなかった。

村田製作所によると全社で進めている業務効率化の一環で会計システムの更新を日本IBMに委託し、日本IBMがIBMの中国法人に再委託していた。再委託先の社内監視システムで不正を検知し、発覚したという。村田製作所は「外部委託先を含めたセキュリティー強化と情報管理を徹底する」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン