/

この記事は会員限定です

ステラファーマ、放射線治療に使うがんの治療薬

新規公開株の横顔

[有料会員限定]

放射線治療で使うがん治療薬を開発する。ホウ素の一種「B-10」を加工し、がん細胞にいったん取り込ませる。その上で放射線を照射すると「B-10」が中性子を吸収して分裂する。この仕組みを利用して、がん細胞を破壊する。

画期的な新薬候補を優遇する「先駆け審査指定制度」の対象となり、切除できない再発頭頸(けい)部がんと局所進行頭頸部がん向けに製造販売承認を2020年3月に取得した。脳腫...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り185文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン