/

この記事は会員限定です

後発薬、自主点検で不備発覚 出荷停止も

[有料会員限定]

後発医薬品メーカーで製造上の不備の発覚が相次いでいる。共和薬品工業(大阪市)はビタミンD製剤の出荷を停止し、東和薬品は抗生物質を自主回収する。日医工や小林化工(福井県あわら市)の品質不正を受けて各社は製造工程の点検を順次進めており、ほかの治療薬でも供給の混乱が生じるおそれがある。

共和薬品工業は骨粗しょう症などの治療に使うビタミンD製剤「アルファカルシドール」の出荷を7月から停止している。自主点検を進める中で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン