/

兵庫で59人感染確認、3カ月ぶりの水準 保健所体制強化

兵庫県は5日、新型コロナウイルスの新規感染者が59人確認されたと発表した。1日の新規感染者が50人を上回るのは2021年10月12日以来、約3カ月ぶり。変異型「オミクロン型」に新たに7人の感染が確認され、感染が拡大傾向にある。斎藤元彦知事は記者会見で「第6波の入り口にさしかかっている」との認識を示した。

県は5日、政府方針を受け、オミクロン型の新規感染者を全員入院させる措置を見直し、重症度に応じて宿泊施設や自宅療養などを活用する方針を決めた。同型の濃厚接触者は宿泊療養施設への入所を求めていたが、14日間の自宅待機に切り替える。斎藤氏は「社会経済活動をストップさせないためには、医療逼迫を回避することが大事だ」と述べた。

保健所の体制も強化する。民間派遣会社から30人程度を県所管の保健所に送って業務を支援する。独自の研修を受けた約1000人の県職員も必要に応じて各保健所に派遣する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン