/

この記事は会員限定です

食の「循環」万博でみせる 大阪府立大・増田昇名誉教授

関西のミカタ

[有料会員限定]

■2025年国際博覧会(大阪・関西万博)に出展する大阪府・市の「大阪パビリオン」で、「食・レストラン」部門のディレクターを務める大阪府立大学名誉教授の増田昇さん(70)。食を通して生物の多様性や物質循環を学べるようにしたいという。

メインテーマの「REBORN(リボーン)」に沿って、大阪の食文化をどうみせるか。レストランでは、来店客の健康データを基に食事の提案をするなど、ヘルスケアを意識した未来...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン