/

京都経済界が年賀交歓会 「経済再生と飛躍を」

京都商工会議所など京都経済4団体は5日、京都市内で年賀交歓会を開いた。京商の塚本能交会頭(ワコールホールディングス会長)は「今年は経済再生と飛躍に取り組みたい」とあいさつし、「カギは中小企業の生産性向上だ。伴走型の経営支援を進める」と語った。

年賀交歓会は京商のほか京都経営者協会、京都経済同友会、京都工業会が主催した。

京都工業会の中本晃会長(島津製作所会長)は足元で新型コロナウイルスの感染者数が増加していることについて「しばらくは我慢して感染拡大を抑えることが大事だ」と強調。取材に応じた出席者からも「不確定な要素が多く先を見通すのは難しいが、銀行として課題を解決する手伝いをしたい」(京都銀行の土井伸宏頭取)などの声が上がった。

一方、堀場製作所の堀場厚会長兼グループ最高経営責任者(CEO)は「(コロナを)恐れてばかりでは競争力を回復できない。欧州では感染拡大しているがビジネスもすごい勢いで進んでおり、現実を捉えた対応が必要だ」と指摘。京セラの山口悟郎会長も「新たな変異ウイルスが出たからと世界的に急ブレーキを踏むことはなくなるだろう。希望的観測も含めて今年後半には(経済も)良くなっていくのではないか」と述べた。

昨年は新型コロナ感染拡大の影響でオンラインで開いた。今年は座席の間隔を開けるなどの感染防止策を講じた上で、国立京都国際会館(京都市)で開催した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン