/

この記事は会員限定です

大阪・関西万博、未来像を探る IRも誘致準備着々

関西経済特集

[有料会員限定]

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)に向けて、国内外で準備や機運醸成が進んでいる。パビリオンでは関係者が知恵を絞って魅力を高めている。万博で見せる最新技術でも「空飛ぶクルマ」などで企業が実証実験を始めた。一方で新型コロナウイルス感染拡大が続く中、海外でのPR強化は課題だ。

万博の運営主体「日本国際博覧会協会」が放送作家の小山薫堂氏、映画監督の河瀬直美氏、ロボット研究者の石黒浩氏などテーマ事業プ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン